DTP

MacOS10環境と各種アプリケーションに対応。デザイナーの指定通りに版組み、文字組を仕上げます。首都圏の有名雑誌の表紙、中身のページなど、多くの実績があります。制作環境では、Mac OS10 サーバーを運用しており、24時間稼動しています。バグ対策を含む、豊富なアプリケーション運用のノウハウと技術力で、出版者様、デザイナー様の意向を反映して納品いたします。納品形態は、製版フィルム、CTP出力用データ(OutlinePDF、OutlinePSなど)で、中間データを活用したデジタル校正も行います。

DTPチーム

明光東京(板橋)
〒174-0063 東京都板橋区前野町3-36-3 日興ビル 3F
TEL:03-5916-1761 FAX:03-5916-1796

デスク・トップ・パブリッシング(DTP:Desk Top Publishing)という言葉を耳にしたことのある方も多いのではないでしょうか。 DTP デスクトップパブリッシングとは、コンピュータのデスクトップ(コンピュータの画面上)で出版物を制作できてしまうということです。

従来、印刷の版下などは、手書きのものから紙やフィルムを貼ったりして製作するものでした。それで、手間も掛かり、仕上がりに手の技術の違いが表れる、職人技の分野でした。
 ところが、コンピュータの登場で、DTP デスクトップブリッシングが可能になったのです。 DTPの実現によって、出版業界はさらに活発化し、複雑なデザインや具だくさんの雑誌ページなどが、より短時間にできるようになったのです。
デジタル・グラフィックの世界は、これに、さらに多種多様なデザインの可能性を付け加えました。

現在の日本の、また、世界の情報出版と情報インフラ(情報洪水?)の発達には、これが大きな働きをしたと言えるでしょう。

明光は、自社のプリプレス部と連携して、熟練したオペレータがDTPを行っています。
オペレータたちは、プリプレスの知識とノウハウを持って、安定した出力が可能なDTPデータを制作します。

 


Copyright(C) 2005 MEIKO Co., Ltd. All right reserved.
このホームページに掲載のイラスト・写真・文章の無断転載を禁じます。すべての著作権は(株)明光に帰属します。